テーマ:子育て歯科

児童虐待早期発見のために歯科医師ができること

東京都で発生した児童虐待の事件では児童の診療にあたった歯科医師が区に通報していたとの報道がありました。残念な事に今回の事件では 虐待死を防ぐ事はできませんでしたが 歯科医師が児童虐待発見・防止のためにでき得ることがあります。 児童虐待の被害を受けるのは幼児・学童期の子供であって、歯科医師は自治体が行なう1.6歳児・3歳児歯科健康診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児に多い歯みがき事故にご注意ください。

12月3日付け中日新聞家庭欄に 幼児の歯磨き中に起こりやすい事故についての記事が掲載されています。 記事のなかでは 2歳の女の子がハブラシを口にくわえたまま駆けていて壁にぶつかって入院 6歳の男の子が親のひざ枕で歯をみがいていたら 弟が親に抱きついてきてぶつかり口の中を切り、入院した 等の歯みがき事故の事例が報告されています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの歯みがきカレンダー 使ってみませんか?

長い夏休み 普段の生活のリズムも狂いがちです。 インターネットから歯みがきカレンダーを取り出して 毎日 きれいに歯みがきできたらカレンダーを塗りつぶしてみましょう。夏休み中 毎日全部塗りつぶせたらいいですね。 いろいろな歯科関係のページに自由にプリントアウトできる歯みがきカレンダーが紹介されています。一日の歯みがき回数など使い勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの自由研究 歯磨きについて調べてみませんか?

梅雨も開けて夏本番。各地で夏休みに入った子どもたちのニュースが聞かれます。夏休みが短い飯田下伊那地区でも来週には夏休みに入る学校が多いようです。 簡単にできる歯みがきに関する自由研究を紹介します。夏休みの自由研究の参考にしてください。 食べる前、食べた後、歯みがき後に歯垢染め出しをして 歯垢がどこに付きやすいか、歯みがきの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳歯が生えてきたら 野菜スティックで野菜嫌い予防

しっかり噛めない子どもが増えている現代。そこに共通するのが野菜嫌いの傾向で、成長に必要な栄養をバランス良く摂れないことは深刻な問題です。 野菜嫌いになる主な理由は、臭いと歯触り。一度嫌いになると後から直すのは難しいので、離乳食以前から野菜になれることがお勧めです。 良い方法は、歯が生え始める時期に、にんじんやセロリなどのスティッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噛むことを好きになる定番おやつ ひと握りのアーモンド

しっかり噛めない子どもが増えている現代。そこに共通するのが野菜嫌いの傾向で、成長に必要な栄養をバランス良く摂れないことは深刻な問題です。 また、よくかむことは脳の発達を促し、何事にも挑戦する意欲を生み出すため、最重要なしつけの基本とも言えます。 よく噛むための食事を工夫する方は増えてきましたが、見落としがちなのがおやつ。 子どもが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校保健便り作成見本の紹介

日本学校歯科医師会では毎年 歯科医師 学校の養護の先生等学校歯科保健に常保護路から関っている方を対象に 学校歯科保健に関する研修会を開催しています。 保健便り作成の参考として 日本学校歯科医師会HPの中の第30回学校歯科保健研修会報告のページに 『第30回学校歯科保健研修会参加者作成による保健だより案』が掲載されています。日々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永久歯が生えてくるのは いつかな?

生まれたばかりの赤ちゃんには歯が一本もありません。生まれてから6が月くらいで前歯が生えてきます。成長とともに奥歯も生えてきて3歳ごろには上下左右20本の乳歯が生えそろいます。 6歳ごろには第一大臼歯(6歳臼歯)が頭を出してきます。上下左右4本の第一大臼歯が全て生えそろうまでに1年ほどかかります。 小学校に上がる頃には前歯も生え変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯みがきタイムは親子のコミュニケーションのチャンス

タイに住む野生のカニグイザルというサルの群れを観察したところ、この群れのサルは人間の長い髪の毛を拾うと、両端を持って口に入れ、引き抜く動作を繰り返していることがわかったのだそうです。 つまり、歯間に挟まった食べかすを細い髪の毛で除き、掃除をしていると見られているのです。 更に母ザルたちの様子を詳しく観察すると、子ザルが前にいる時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近増えている口呼吸

歯科医院を受診する方だけでなく、 街で見かける方たちの中にも最近は口呼吸をしている方を多く見かけます。 特に小さなお子さんに多いようです。 お子さんの顔を見てください。口が開いていませんか? 特にゲームやテレビに熱中している時に子どもの顔を見てください。 口が開いていたら「口呼吸」をしています。 「口呼吸」の原因には鼻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むし歯が母子感染することをご存知ですか?

生まれたばかりの赤ちゃんの口には、虫歯の原因菌とされる「ミュータンス菌」はいません。 成長するにつれて周りの大人の口の中に存在する「ミュータンス菌」が、唾液を介して感染するのです。 ほとんどのお子さんが乳歯が生えそろう3歳までには感染してしまうそうです。          お母さんと子どものキスシーン こんな心温まるシーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野県の小学校新入学児童みんなに「歯っぴーパスポート」配ります。

県内の小学校新入児童全員に虫歯予防普及啓発冊子「歯っぴーパスポート」を配ります。 乳歯の生え変わりや6歳臼歯について詳しく記載されています。 親子で虫歯について考える参考になさってください。 「歯っぴーパスポート」は児童の健やかな成長と歯の健康を願い、 継続した歯の健康管理による健康増進を目的に、 小学校新入児童を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小中学生の4割が歯肉炎】 のCMについて

花王のデンタルリンスのCMで「小中学生の約4割が歯肉炎になっています。」とありました。 驚かれた方も多いと思います。 データの元になったのは、平成17年度の歯科疾患実態調査 とのこと。 調べてみると全国で約4600人を対象として、5歳以上15歳未満では455人が対象とした調査の結果だそうです。 歯肉炎については、上下左右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野県の公立高校の受験日 3月10日が迫ってきました。

受験当日になって、朝眠くて力を出し切れないことのないように、 今から朝方の生活習慣に切り替えましょう。 「朝定刻に起きて朝日を浴びる」、「朝起きたら歯を磨く」が基本です。 いくら勉強しても、朝方の生活習慣が付かなければ午前中の試験に集中できません。 今まで夜遅くまで勉強してきて朝はボーッとしていると言う方は、 晴れた日には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入園準備 歯ブラシも入るリバーシブルコップ袋の作り方紹介

簡単にできるリバーシブルのコップ袋の作り方をお知らせします。 子供用の歯ブラシも入ります。 布は誌の始末もいらないし、2重になるので、 ミシンを使わなくても、丈夫にできます。 サイズを換えれば、御弁当袋や図書袋にもなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入園準備の一つ コップとコップ袋について

お子さんの入学・入園準備はもう始めていますか? 飯田市の公立保育園のほとんどではが、去年の秋ごろ入園説明会がありました。 が、 なかなか間近にならないと準備が始まらない方も多いことと思います。 その中で、歯科に関係するコップとコップ入れについて説明いたします。 保育園に入園されたその日からコップを持っていく園が多いようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入学準備のヒント― 噛む力を育てるための学習机選び

姿勢の悪さは噛む力を弱めて、顎の発育を妨げます。 毎日使う机といすを正しく選ぶことは、勉強だけでなく 子ども達の正しく噛む習慣を作るうえでも大切なことです。 勉強を行う際の理想の姿勢は、「かかとが地面についている姿勢」と言われています。 このような姿勢を保てないと集中力が保てず、勉強の効率が落ちてしまうそうです。 勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食育中心とした健康づくり」今年度の実施報告会・意見交換会

平成21年1月29日(木) 「小学校における食育と歯の健康を中心とした健康づくりを推進する会」 実施報告会・意見交換会が開催され          かみかみセンサーを開発した、喬木村立喬木第二小学校養護教諭安富和子先生と、 飯田工業高校高田直人先生が事業報告をされました。  平成21年1月29日(木) 松本市「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more