テーマ:口腔ケア・リハビリ

歌ってお口健康体操 紹介いたします。

中日新聞11月12日号に 「歌ってお口健康に 音楽療法士と歯科衛生士が考案 口腔ケアの歌 筋肉鍛える発声を訓練 キーワードはパタカラう」 と題した記事が掲載されていました。   岐阜県多治見市で活動する音楽療法士の加藤恵子さん(56)と、訪問歯科衛生士の栗木みゆきさん(54)が、音楽を使って口を健康にする歌や体操を考案、障害児や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食機能を考える会第6回例会開催

食機能を考える会の第6回例会が10月3日(土) 飯田下伊那歯科医師会会館にて開催され 介護にかかわる職種に就く70名余の会員が参加しました。 『認知症のリハビリテーションとかかえの環境』と題して輝山会記念病院・総合リハビリテーションセンター総長 本田哲三医師の講演と 看護介護現場での摂食嚥下 口腔ケア・リハビリに取り組んでいる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域機関病院における『地域歯科診療所との連携による口腔ケア・摂食嚥下評価への取り組み』紹介

『地域歯科診療所との連携による口腔ケア・摂食嚥下評価への取り組み』 牧内敦子看護士(飯田病院栄養サポートチーム)  食機能を考える会 第6回定例会 ケースプレゼンテーションより 飯田病院では栄養サポートチーム(NST)を作り 患者さんの栄養評価と適切な栄養療法の選択実施による栄養状態の改善-できるだけ腸管を使っての栄養摂取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口腔ケア・リハビリ実践により発語を取り戻し 摂食機能の向上も見られた症例 報告

『口腔リハビリによる摂食・嚥下機能へのアプローチ』 廣瀬和美介護福祉士(介護老人保健施設 洛西けいゆうの里) 90代女性 5年前脳梗塞を発症し以後入退院を繰り返し 徐々にADLが低下し昨年12月の時点では要介護度5となり 口が開かないためにインジェクションでのトロミ付きミキサー食 言葉を発しない方への口腔ケア・リハビリ実践に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口腔ケアにより食事摂取が自力で可能になった症例報告

食機能を考える会 第6回定例会 ケースプレゼンテーションより 口腔ケア・リハビリにより食事摂取が自力で可能になった症例を報告します。 『口腔ケアによる機能改善』   原裕美歯科衛生士(宮下歯科医院) 3年前から特別養護老人ホームを利用されている77歳のくも膜下出血の後遺症などで要介護5の方の口腔ケア・リハビリを担当してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科の往診 準備や申し込み方法を知りたい方へ

歯科の往診に当たる【歯科訪問診療】に関しては 患者さん宅から「何を準備したらいいか」などの問い合わせが多くあります。 歯科医院にいらして受診される時と同様 保険証などの書類のほか コップ、タオル、歯ブラシ、ティッシュなどをご用意下さい。その他 治療内容によって 歯科医師から必要なものをご用意いただけるようお願いする場合もあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山城新伍さんの訃報が流れました

山城新伍さんの訃報が流れました 誤嚥性(ごえんせい)肺炎でなくなったそうです。御冥福をお祈りいたします 誤嚥性肺炎は 高齢者に多く見られる病気で 食物の食道通過や痰の喀出がスムーズにいかなくなり 間違って 食物や痰が口腔内に常在する肺炎原因菌とともに 気道の方に入り込んでしまうことが原因で発症します。 肺炎まで行かなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回口腔ケア講習会のお知らせ

誰しも、美味しく食事を楽しみたいと、思うことは、年齢に関係なく同じだと思います。人生、最後まで、元気で、美味しく食べる・食べられるようにするには、どのようにしたらいいのか、第10回口腔ケア講習会の会場でみなさんで考えてみたいと思います。 ☆講習内容  「美味しく食べる・食べられる」 ――喫食障害の改善を目指して――  1.口腔につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食・嚥下支援PT研修会開催されました。

7月28日(火) 摂食・嚥下支援PT研修会が開催されました。 当地区機関病院にて行っている入院患者さん対象の摂食・嚥下機能リハビリのための口腔機能ケアの報告など行いました。 5月中旬から口腔機能ケアを始めた患者さんの症例では ケア前にはミキサー食だったものが刻み食に改善され 発病以前に大好きだったというサイダーがストローで吸い込める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食・嚥下支援PT勉強会 開催

6月29日(火)摂食・嚥下支援PT勉強会が開催されました。 4月から稼動し始めた 地域基幹病院での口腔ケア・リハビリ治療・指導の症例報告・検討をいたしました。 4月から5件の依頼があり、担当歯科医師・口腔衛生センターからの派遣歯科衛生士さんによる経過報告があり 症例ごとに全身・口腔内症状や、患者さん・御家族の方の希望が異なる中、口腔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病にブラッシング 歯周病と深い関係

5月19日の東京新聞に歯みがきと糖尿病に関する記事が載っていました。  以前より血糖値のコントロールの難しい糖尿病の患者さんは 怪我や抜歯による 歯肉の炎症が治りにくく歯周病の治療の効果もでにくいといわれています。  中日新聞の記事の中では 糖尿病の合併症として歯周病が挙げられ 歯周病に罹患した糖尿病患者さんは血糖値のコントロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域基幹病院 入院患者さんへの口腔リハビリを始めます。

今年の初めから地域基幹病院に入院中の患者さんの口腔リハビリ(主として脳血管障害で麻痺した口腔機能のリハビリ)のために 口腔衛生センター口腔保健部門から歯科医師と歯科衛生士さんを派遣する準備をしてまいりました。 5月21日(木)から本格的なリハビリ訓練を開始するために 口腔機能リハビリを希望する患者さんの担当看護師さん STさんたちと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下支援プロジェクトチーム研修会開催しました。

5月13日(水)飯田下伊那歯科医師会にて摂食嚥下支援プロジェクトチーム研修会が開催されました。 地域基幹病院入院患者さんの口腔ケア・リハビリのために 当会口腔衛生センター口腔保健部門から歯科医師、歯科衛生士さんを派遣するための準備として行われてきた研修会です。 5月14日には 口腔ケア・リハビリの希望をする病院入院患者さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食・嚥下支援プロジェクトチーム研修会開催

4月14日当会館にて地域の病院入院中の患者さんに口腔ケア・リハビリを行うための準備となる 摂食・嚥下支援プロジェクトチーム研修会が開催されました。 チームに参加する全ての歯科医師、歯科衛生士さんが記入して口腔ケア・リハビリのメニューを作成するために用いる「口腔ケアアセスメント票」の作成や口腔ケア・リハビリの手技の確認をいたしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当地区での口腔ケア・リハビリの症例報告

4月2日に行われた摂食・嚥下支援プロジェクトチーム研修会で症例検討した歯科衛生士さんが中心となって行っている口腔ケアの症例を紹介します。 認知症があってほとんどしゃべれなかった方が、はっきりしゃべるようになり、ペースト食を介助者がお口に入れてさしあげていた状況から 3年間口腔ケアを続けてきて  自分でスプーンを持ってミキサー食を食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食・嚥下支援プロジェクトチーム研修会開催

4月2日に地元機関病院に脳血管障害などで入院中の患者さんの 口腔機能のリハビリを行うための歯科医師、歯科衛生士さんの研修会が開催されました。 病院へは複数の歯科医師会会員と歯科衛生士さんがチームとなって伺うので 摂食・嚥下リハビリ訓練の成果を得るためには、摂食・嚥下機能の診断時や訓練時の条件を一定にする必要があります。 「ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護が必要な方へのお口のクリーニング法 動画で配信中

8020日歯TV~日本歯科医師会放送局~にて介護が必要な方へのお口のクリーニング法の 動画が配信されています。 介護が必要な方は口腔内の清掃を御自分で満足いく状態まですることが困難です。 介護をなさっている方が食事の後や、寝る前にお口や入れ歯をきれいにして差し上げてください。 具体的な方法は 8020日歯TV~日本歯科医師会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な摂食・嚥下訓練 その3 ブローイング訓練

3月27日の摂食・嚥下支援プロジェクト第4回研修会で学んだ方法の中から、御自宅で簡単にできる摂食・嚥下訓練方法を紹介いたします。 呼吸機能の改善や口唇閉鎖不全を改善します。 コップに水を入れてストローをくわえて息を吸います。 コップの水がぶくぶくするように息を吐きます。 勢いよく息を吐く方法と息を長く吐く方法があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な摂食・嚥下訓練 その2 顔面体操 「喬木の宝」

3月27日の摂食・嚥下支援プロジェクト第4回研修会で学んだ方法の中から、御自宅で簡単にできる摂食・嚥下訓練方法を紹介いたします。 舌や口輪筋を鍛えて食べる能力・飲み込む能力を高めるために行う口腔体操です。 「パタカラ、パタカラ、パタカラ……」「パ・タ・カ・ラ」をできるだけ早くハッキリと繰り返し発音します。 「パ」 口唇の開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な摂食・嚥下訓練 その1 頭部挙上訓練

3月27日の摂食・嚥下支援プロジェクト第4回研修会で学んだ方法の中から、御自宅で簡単にできる摂食・嚥下訓練方法を紹介いたします。 食道入り口部分を広げ、首の前側の筋肉を強化して気管や肺への誤嚥を防ぎます。 仰向けになって寝ます。 頭部のみ挙上し、足先を見ます。 30秒から体力に合わせて60秒程度その状態を維持します。 頭を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庄内地方での嚥下障害改善例紹介

3月27日飯田下伊那歯科医師会でおこなわれた摂食・嚥下支援PT研修会の中で ネスレニュートリション株式会社 佐藤 仁美氏 から紹介していただいた摂食支援の実例を紹介いたします。 ケア付きホームに入居する81歳の多発性脳梗塞と認知症の女性 女性は1年前に摂食不能で胃瘻造設を行い、寝たきりの状態だった。 ある日、ホームにスタッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食・嚥下支援プロジェクト第4回研修会開催

3月27日(金) 摂食・嚥下支援プロジェクト研修会が開かれました。 今回の研修会では山形県庄内地方での口腔リハビリテーションの実態の報告を参考にして飯田下伊那地方での取り組みについての検討をいたしました。 更に口腔リハビリ訓練も練習もいたしました。 今回の摂食・嚥下支援プロジェクト研修会では 2008年9月14日第14回日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護されるものの心の歌 「手紙」 じわじわと流行ってきているそうです。 

認知症の歌、介護の歌と呼ばれる一曲が、静かな共感の輪を広げている とのことです。 高齢の親から語りかける「手紙~親愛なる子供たちへ~」。老いの現実を見つめ、親子のきずなを考えさせる曲だ そうです。 「手紙~親愛なる子供たちへ~」は樋口了一さん(45)がポルトガルの詩から翻訳したものに曲をつけたフォーク調のメロディーとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食・嚥下支援プロジェクト第3回研修会開催

3月11日(水) 摂食・嚥下支援プロジェクト研修会が開かれました。 歯科医師会会員だけでなく 4月から地域基幹病院で入院患者さんの口腔リハビリを実際に行う歯科衛生士さんも参加しての研修会が行われました。 摂食・嚥下支援プロジェクトでは、口腔ケアにより飲み込む力(嚥下)をつけてあげることや、誤嚥しないような飲み込み方を患者さんに身に付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食機能を考える会第4回総会・講演会御案内

食機能を考える会第4回総会・講演会が4月11日(土)飯田人形劇場で開催されます。 講演会には、松本歯科大学病院特殊診療科摂食・嚥下リハビリテーション外来 松尾浩一郎先生をお迎えして、摂食嚥下における御見識をお話しいただきます。 平成6年4月に発足した当会関連団体「食機能を考える会」も発足4年目を向かえます。 会員数も200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当会摂食・嚥下支援 プロジェクトチーム 地域基幹病院訪問

4月に本格始動する口腔衛生センター口腔保健部門から 摂食・嚥下支援(口腔リハビリ)のために歯科医師、衛生士さんを派遣する件で、 2月26日 センターから歯科医師会会長・副会長・福祉医療部長・学術部長 4人が 病院の事務長さんとお話をしてきました。 脳血管障害などで入院中の患者さんの口腔稲生のリハビリのために  歯科医師会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院派遣等プロジェクトチーム第一回御勉強会開催

4月からの飯田下伊那歯科医師会口腔衛生センター保健部門の本格的始動を前にして 地域基幹病院からの歯科衛生士の口腔ケアのための派遣要請があり、 歯科衛生士さんの活動の支援体制を整えるために 当会では病院派遣等プロジェクトチーム(仮題)を立ち上げました。 2月4日に放映されたNHK「ためしてガッテン」のなかで、 「東京都府中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民公開講座 高齢者の介護と口腔ケア 参加者募集のお知らせ

高齢者の介護における口腔ケア(口腔機能の向上)は、 生活の質を維持するためだけでなく、種々の疾患を予防するとともに、 介護の重症化を予防するために必要不可欠となります。 これらのことを広く県民の皆様に知っていただくとともに、 高齢者の介護現場における口腔ケアが、より充実したものとなるように 長野県歯科医師会では県民公開講座を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口腔ケア研修会アンケートに協力していただきました。その2

12月20日に開催された第9回口腔ケア講習会参加者の方々にアンケートに答えていただきました。 参加者の皆さんが、日頃の口腔ケアで悩んでいる事をいくつか書き出します。 介護の現場では、いろいろな制約があり、口腔ケアも思うようにできない状況があります。 介護に関わるいろいろな立場の方たちが協力する事で、 少しずつでも状況が改善し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口腔ケア研修会アンケート報告

12月20日に開催された第9回口腔ケア講習会参加者の方々にアンケートに答えていただきました。 講演会の感想をいくつか書き出してみます。 口腔ケアをこれらから始める方や、実践している方、実践する中で悩みを持った方 いろいろな方がいらっしゃいます。 この講演会が口腔ケア実践の何かのきっかけになることを期待しています。 飯田下伊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more