飯田下伊那歯科医師会館前の山桜が 満開になりました

飯田下伊那歯科医師会会館の前に植えられた山桜が 今 満開の花を咲き誇っています

画像


1974年戦後間もない飯田市を襲った大火災(飯田大火)のあと 火事の延焼を防ぐ目的で飯田丘の上商店街を南北に貫く大通りが造営されました。その道の中央に植えられたソメイヨシノの桜の木には 飯田市民の大火からの復興への願いがこめられています。
今 桜の木は大きく育ち「大宮桜並木」と呼ばれ 小京都飯田の桜の名所の1つとなりました。

当会館は「大宮桜並木」に面する場所に位置し 大宮桜並木に植えられたソメイヨシノの花が散ったあと 会館前の山桜が開花するため 当会会館前では 毎年2度にわたって満
開の桜をめでることができます

この山桜は 当会会館が当地に建設された際に この機を植樹した長瀬宰会員の名前にちなんで「宰翁桜」と呼ばれています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0