摂食嚥下のマネージャー養成のためのシリーズ講習会 ご案内

飯田下伊那歯科医師会では昨年より長野県地域医療再生事業のひとつ【急性期から在宅医療までの連携体制の構築】(急性期・回復期・維持期リハビリの体制の整備、強化及び円滑な移行体制の整備、強化)部門 急性期・回復期リハビリ機能強化事業を担当し、事業を展開してまいりました。


昨年大好評をいただきました『摂食嚥下のマネージャー養成のためのシリーズ講習会 (全5回)』を本年も 下記 要領により開催の運びとなりました。

飯田下伊那地域住民の皆様の摂食嚥下障害から生じる“窒息”“誤嚥性肺炎”“栄養低下”等のリスクの軽減のために、マネージャーを養成し地域連携・病院―施設―在宅連携・多職種連携の基礎を担っていただきたいと考えております。

この機会に共に研修いただき、最期まで自分の口から食べたいというヒトとしての希望に添えるよう、皆様方のお力を結集いただきますようご参加をお願いたします。
急性期~回復期~維持期へのシームレスな対応を検討する機会になる事を期待しております。

飯田下伊那歯科医師会では上記県事業により配備いたしました嚥下内視鏡(VE)を摂食嚥下障害の精密診断として積極的な訪問歯科診療も行っております。食機能を考える会との連携のもと施設・在宅への診療・指導・管理等ご活用ください。

■実施要領
□日程及び内容  時間 各回午後2時~5時
○第1回  8月31日(土) 
  総論 摂食嚥下の解剖と生理  西島   明先生(歯科医師)
   口腔ケア・リハビリ      田口 美菜先生(歯科衛生士)

○第2回  9月7日(土) 
   摂食嚥下障害の病態・原因   加藤 譲司先生(リハ科医師)

○第3回  9月14日(土) 
   スクリーニング・VEの実際  上沼 明子先生(歯科医師)

○第4回 10月12日(土)
   摂食嚥下障害に対する間接訓練・直接訓練 清水 康裕先生(リハ科医師)

○第5回 11月16日(土) 
   食支援            小松 純子先生(言語聴覚士)
   介護食            未  定   (管理栄養士)

□場 所  飯田下伊那歯科医師会館

□定 員  20名              

□職 種  医療・看護・介護・リハビリ関係・行政他

□受講料  無 料             

□締 切 7月31日(水)  定員になり次第募集を締切ります。

□受講申し込み先 食機能を考える会事務局(飯田下伊那歯科医師会会館内)
                    0265-24-22-1348



□6月1日・2日 福村直毅先生の摂食・嚥下特別講演会並びにVE実地研修会にて、ここ飯田で発信された福村式の摂食・嚥下治療は私ども医療・看護・介護者にとって、大きな驚きでした。
山形県鶴岡地区で肺炎死亡者を激減させたこの方法を、再度12月7日・8日に御講演いただく予定です。数少ないチャンスですので、是非 参加ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)