会館前の塞翁桜が満開を迎えました

飯田下伊那地方の桜の名所の1つ 大宮桜並木のさくらの木が葉桜になる毎年4月中旬 飯田下伊那歯科医師会館の前の桜の木が1本だけ 満開の花を咲かせます

画像
満載の桜並木ソメイヨシノと まだつぼみの会館前の桜の木(4月5日撮影)




当会元会長の 長瀬宰治会員が 昭和20年代 当会館の庭に植樹した山桜の若木が長い年月を経て 大樹になったものです ソメイヨシノが主となって植えられている桜並木の開花より 10日から2週間遅れて満開の時期を迎えました

画像
葉桜になった桜並木と 満開の塞翁桜(4月16日撮影)

  

桜の花が散った後も桜並木の桜の木の枝と一緒に葉桜のトンネルとなって 夏の間中道行く人の目を和ませてくれます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0