食機能を考える会 今年の活動予定 

食機能を考える会では飯田下伊那歯科医師会と共に長野県地域医療再生事業認可を受けおります。平成25年度には、摂食嚥下の指揮及び管理を行うための権限並びに責任を軸とした回復期リハビリテーションを中心に活動を行う予定です。病院・施設・居宅間における複数サービスを違和感なく統合して利用できる地域連携を構築するために、多職種による認識・技術の研鑽を行う講演会・研修会を計画しております。

食機能を考える会では 地域住民の皆様の健康の維持増進・病中病後のシームレスなケアとキュアを行えるよう今後も活動を続けてまいります。
施設等での研修のご希望にも対応できるよう企画をしておりますので、事務局までお申し出ください。歯科医師会との連携を取り対応させていただきます。


■6月 1日 ●講演会(午後2時~5時)
演題:『肺炎・窒息のない治療を目指して』=摂食嚥下マネージメントの第一歩= 摂食嚥下マネージメントについて 
講師:鶴岡協立リハビリテーション病院 リハ科医長 福村直毅先生

■6月 2日 ●VE実地研修会(午前9時~12時30分) 講師:福村直毅先生
医師・歯科医師対象のVEの実地研修会です。
他職種の皆様には同時並行してVE画像を見ながら・摂食嚥下指導の導入方法を摂食嚥下認定看護師の福村先生の奥様より解説予定。

■9月~11月●看護師・歯科衛生士・介護士等研修会(シリーズ全5回)
テーマ:『摂食嚥下マネージメントのために』
摂食嚥下機能の理解、障害に対する対応方法、摂食嚥下訓練、VE研修、口腔ケア・口腔リハビリテーション、食支援、食形態、栄養管理等  

■12月 講演会 介護における摂食・嚥下障害へのアプローチ
講師:鶴岡協立リハビリテーション病院 福村弘子先生(看護師)      

■他に褥瘡関連・吸痰等の勉強会・研修会を予定しております

飯田下伊那歯科医師会では病院・施設との連携の下、居宅での生活をサポートするために訪問歯科診療等のサービスも行っております。福村先生の鶴岡地区の摂食・嚥下マネージメントを目標に、嚥下内視鏡(VE)の往診にも対応しております。
お気軽に、お声かけください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)