飯田下伊那歯科医師会会員向け第1回VE実地研修会開催

福祉医療部・学術部共催のVE(摂食嚥下内視鏡)の飯田下伊那歯科医師会会員向け研修会が7月24日(木)に開催され 参加会員が互いにVE機器の操作・摂食嚥下診断実習を行いました。

画像


VE機器を用いての摂食嚥下診断は 患者さんに実際に食事を摂っていただきながら食片や唾液が喉を通過していく状態を目視することで 誤嚥を防ぎながら食事を摂っていただく方法やそのためのリハビリ方法を患者さんの状態に合わせて処方する資料となり 高齢になっても自分の口で食事を楽しみたいという希望に応えたり 誤嚥性肺炎のリスクを防ぐために有効な手段です。

画像


一昨年と今年6月に行われた同実地研修会でもVE機器の操作実習を行いました その時にも参加した会員の先生方からは 実地研修会を何度か開催して欲しいとの希望が出てきたため 長野県地域医療再生計画の一環として口腔衛生センターで購入したVE機器を用いてこれから5回毎月第4火曜日に同実地研修会を開催することになり 7月24日に第1回目の研修会開催となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0