長野県歯科衛生士会飯田下伊那支部研修会開催

NPO法人長野県歯科衛生士会飯田下伊那支部主催の研修会が 11月27日(日)飯田下伊那歯科医師会会館にて開催され 長野県歯科衛生士会会員26名のほか 歯科医師会会員歯科医 会員診療所歯科衛生士など合わせて50名が参加しました。

画像



講師にフリーランスの歯科衛生士 実野典子氏を迎えて 
「歯科衛生士に求められるペリオの知識と患者さんとのコミュニケーション」
と題した講演を聴きました。
日本人の成人の約8割が罹患している歯周病の患者さんに 患者さん自身の口腔内がどういう病状にあるのかを認識してもらうことで 患者さん自らが自身の歯周病を治すための保健行動をとっていただけるようになる そのために必要な 患者さんとのコミュニケーションのとり方を教えていただきました。

厚生労働省の平成17年度歯科疾患実態調査では98.6%の方が一日一回以上歯をみがいていて さらに 一日複数回歯をみがく方が増えているという調査結果が出ていますが しかし 歯周病の患者さんは減っていないということから 歯磨きはしていても 口腔内全体を磨けていないということが問題となってきております。

歯周病は口腔内の磨き残しの中で増殖する細菌が引き起こす疾患で 自覚症状が殆ど無く 病態が進行した後でないと症状が現れず また いったん痛みが出ても 投薬などの対症療法で痛みなどの症状は消えるため 治療を中断する患者さんが多いのが現状です。 

今回の講演会では 治療中断しがちな歯周病の患者さんにたいして 歯科衛生士が歯科医院に来院する患者さんが求めているものにポイントを置いた説明の仕方を学び 患者さんのよき支援者となって 患者さんと一緒に 治療のゴールを目指すというものでした。

ブラッシング指導に関しては 電動歯ブラシの選択 使い方を患者さんに説明するために必要な知識なども学びました。
電動歯ブラシは  量販店などで手軽に入手できますが  歯科医院で購入されると 歯科医師や歯科衛生士による患者さん自身の口腔内の状況に合わせた使い方の説明を受けることができます。電動歯ブラシの購入を考えている方は ぜひ かかりつけの歯科医院でお求めください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス