歯科衛生士会飯田下伊那支部研修会開催

11月7日(日)飯田下伊那歯科医師会館にて 長野県歯科衛生士会飯田下伊那支部研修会が開催されました。

画像


今回は インプラント治療をテーマに 宮澤 進先生(松川町 宮澤歯科医院 院長)と宮澤歯科医院勤務小林志保歯科衛生士を迎えて インプラント治療について 患者さんへの導入説明や 施術補助 術後の口腔内管理などについて 学びました。

画像


最近 当飯田下伊那地区でも 症例数の増えてきたインプラント治療ですが インプラントに興味をもたれる患者さんが 歯科医院の中で最初にインプラント施術に関して尋ねる相手が歯科衛生士である場合が多く 患者さんに説明するのに当たって知っておきたい インプラントに関して最新の情報やインプラントの適応症など講師の宮澤歯科医師から説明がありました。
また 歯科衛生士が実地指導するインプラント術前術後の口腔内ケア管理などについて 実際に講師の歯科医院で インプラント患者さんに日頃から口腔ケアを行っている歯科衛生士さんから 説明をうけました。

長野県歯科衛生士会飯田下伊那支部では 年に1~2回講師の先生を招いて、いろいろなテーマで勉強会を行っています。今回は 会員に限定せずに 飯田下伊那の歯科医院で歯科診療に従事している歯科衛生士さんや 長野県公衆衛生専門学校伊那校の生徒さんも受講いたしました。当日受講者は 会員9名、非会員7名、伊那校の学生3名でした。

受講を終えての受講者のみなさんの感想は、
・臨床を離れてしばらくたつのでインプラント治療に携わったことがなかったこともあり、義歯やブリッジで充分ではないかと思っていたが、インプラントの素晴らしいところが今回よくわかった。またそれと同時に、患者さんへの十分な説明と歯科衛生士自身のスキルアップが大事になるとあらためて思った
・現在働いている歯科医院でもインプラント治療をしているが、メンテナンスの大切さや、来なくなってしまう方へのアプローチの仕方などとても参考になった。
などでした。

現在長野県歯科衛生士会は、7支部、540名の会員で構成されており、当飯田下伊那支部は23名の会員が在籍し 歯科診療所病院口腔外科での勤務・飯田下伊那歯科医師会口腔衛生センター口腔衛生部門の仕事、今回のような勉強会のほか 歯の健康を守る郡市民大会など 地域の口腔衛生啓発活動をしています。
また 結婚、出産を機に歯科衛生士の仕事から数年遠ざかった歯科衛生士さんが 歯科衛生士会会員同士のつながりから 歯科診療に再び従事するための足がかりともなっています。

長野県歯科衛生士会飯田下伊那支部では 常時 新入会員を募集しています。入会希望や問い合わせに関しては、
特定非営利活動法人 長野県歯科衛生士会
TEL・FAX 026-273-6366
E-maiL  nagano_dha@ybb.ne.JP までお願いします。


長野県歯科衛生士会のホームページからもアクセスできます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0