食機能を考える会 VE実地研修会のお知らせ

食機能を考える会もおかげさまで5年目を迎えることができました。次年度は『摂食嚥下マネージメント』を主眼に鶴岡協立リハビリテーション病院のリハビリテーション科長の福村直毅先生(医師)にご来飯いただき、嚥下内視鏡(VE)の実地研修会を企画いたしました。
福村先生は人口15万人の山形県鶴岡地域に於いてVEを用い、外来だけでなく他病院・施設・患家への訪問を行い摂食嚥下機能の評価を行い、マネージメントを行ってこられました。
その結果、施設における肺炎発症率を5分の1まで低下させるまでに至っています。
昨年7月、福村先生のご講演のDVDをつかった勉強会での反響は大きなものでありました。
「従来の嚥下治療では、原因へのアプローチが行なわれていない、もしくは不十分という現状があり、誤嚥性肺炎を繰り返す事は生命予後に影響してくる」そして、
嚥下治療に於いては
①発見
②診断
③治療
④摂食介助技術
⑤口腔ケア技術が 必要条件となってきます。
診断機能の不足を解消するのにVEは特に有用で、持ち運びもでき、摂食嚥下治療のスクーリーニングとして活用されるべきだと指摘されております。
今回、福村先生には実地研修会を快くお受けいただき、VEの勘所をお示しいただけます。
内視鏡を既にお使いの医師の皆様には、すぐに活用いただけるものと思います。
飯田下伊那地域の皆様の摂食嚥下機能障害にアプローチする診断手段としてのVEの実地研修に、ぜひともご参加いただきたいと考えております。

研修要領
■日 時 4月18日(日)午前9時~12時
■場 所 飯田下伊那歯科医師会館
■対 象 医師他
■受講料 5,000円
■定 員 12名
○その他 研修の見学参加も可能です。見学費用1,000円
○参加申し込み 食機能を考える会事務局 0265-22-1348

4月17日(土)には午後1時30分より飯田公民館にて「食機能を考える会」の総会を行ないます。
午後2時30分より5時まで 福村直毅先生の講演会がございます。
総会 講演会の詳細は 決まり次第 お知らせいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0