食機能を考える会食支援研修会 開催

11月13日(金)さんとぴあ飯田にて 食機能を考える会食支援研修会が開催されました。
介護の現場で働く人たちを中心に31名の方が参加されました。
画像

飯田市福祉課地域リハビリテーション担当 塚原 茂樹氏を講師として 「専門職でなくできるリハビリテーション」 と題した講演と
健和会病院言語聴覚士 小松 純子氏による 「専門職でなくてもできる食べる事への介助」 と題した実習を行ない車椅子を用いてリハビリ効果をたかめるポジショニングの作り方を学んだり介護用食品を使って 食事介護の方法 嚥下の確認の方法など実習しました。
食機能を考える会から5名の会員がボランティアとして実習補助をいたしました。

食支援を考える会は 介護に関する各種専門職の集まりです。現在 地域の介護現場ではマンパワーが足りません。今回の講師をお願いしたような介護に関する各種の専門職が全ての介護の現場に立ち会う事ができれば 理想的な介護が行なえますが マンパワーが足りないためにそれは無理な話です。
食機能を考える会では 今回のような研修会を通じて介護に携わる方たちが 介護のプロから正しい情報を得て介護の現場に活かしていただきたい また介護の現場で悩んだり困った事を相談しあって地域の介護力が向上する事を目指して活動しています。

今回の食支援研修会は定員30名のところ 50名以上の方の申し込みがあり 参加をお断りさせていただいた方がたくさんおりました。今年度中にもう一度 今回と同じ内容の研修会を開催する予定でおります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス