1日2回以上歯を磨く人は、発がんリスクが3割低くなるとの報告があります。

愛知県がんセンター研究所が3,800人対象に調査した所 1日2回以上歯をみがく人が口や胃の中のがんになる危険性が、1日1回だけの人より3割低いという結果が出たという記事が新聞各紙にけいさいされていました。

 同研究所疫学予防部の松尾恵太郎・室長は「口やのどには発がん物質とされるアセトアルデヒドを作る細菌がいる。歯磨きで細菌や発がん物質が洗い流されるので、少なくとも朝と夜に磨けば、がん予防に役立つ」と話しているとのこと。
1日2回以上みがく人は1回の人に比べてガンになる危険性が約29%低く
全くみがかない人は 2回以上みがく人に比べてガンになる危険性が2・5倍という結果がでました。
喫煙や飲酒をする人だけの解析でも同様の結果で、歯磨き習慣がないことが、ほかの危険因子と関係なく、独立したがんの危険因子であることを強く示すものだという。


厚労省による「歯科疾患実態調査」の結果では 6年ごとに行われる調査のたびに 1日2回歯をみがく者、1日3回以上歯をみがく者の割合が増加してきていて 
平成17年度の調査では1日2回歯をみがく者が最も多く49.4%、1日1回みがく者が25.8%、3回以上歯をみがく者が21.0%。という結果が報告されています。
歯や口腔の健康のためにも 全身の健康のためにも1日 2回以上の歯みがきをなさるようお勧めします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0