乳歯が生えてきたら 野菜スティックで野菜嫌い予防

画像しっかり噛めない子どもが増えている現代。そこに共通するのが野菜嫌いの傾向で、成長に必要な栄養をバランス良く摂れないことは深刻な問題です。
野菜嫌いになる主な理由は、臭いと歯触り。一度嫌いになると後から直すのは難しいので、離乳食以前から野菜になれることがお勧めです。


画像良い方法は、歯が生え始める時期に、にんじんやセロリなどのスティックを持たせること。
歯が生える刺激で歯肉がむずがゆい赤ちゃんは、何でも口に入れるもの。
味覚は二の次なのでクセの強い野菜も進んで“噛み噛み”します。

早期に臭いや歯触りを脳にインプットすれば、後に野菜嫌いになることはほぼありません。
色々な野菜が食べられれば自然と噛み力が付くので、ぜひお子様を野菜好きに育ててください。

日本歯科医師会公報発行 「朝 昼 晩」 №24より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0