臨床懇談会 学術講演開催

画像7月18日(土)の午後、臨床研究懇談会の学術講演会が開催されました。
今回は新潟大学教授の宮崎秀夫先生をお招きし、「口臭外来の紹介 -明日からできる口臭の検査・診断・治療-」と題して、口臭治療の現状についてお話ししていただきました。
海の日を含めて連休になる週末の土曜日、高速道路はレジャー目的の車で大渋滞しているとのニュースが届く中、参加した多くの会員は熱心に講師の先生のお話に耳を傾けていました。


画像臨床研究懇談会は、飯田下伊那歯科医師会の中の有志が運営するスタディーグループで、当歯科医師会中で最大の会員数を誇ります。
だいたい年2回ほど、専門の先生にお願いして、講演会を開催しています。
昨年度は、飯田市立病院内科の中村善行先生に「内視鏡による消化管内異物除去について」、東京医科歯科大学の小林賢二先生に「義歯修理の押さえどころ」と題して講演をお願いしました。
この様に臨床研究懇談会では、日々進歩する医科、歯科領域の知識・技術に対応すべく、研鑽を重ねています。なお当会は、講演内容が専門的な領域のみのため、参加は歯科医師あるいはコデンタルスタッフに限らせていただいています。
  記 臨床懇談会会長 長瀬圭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0