摂食・嚥下支援PT勉強会 開催

6月29日(火)摂食・嚥下支援PT勉強会が開催されました。
4月から稼動し始めた 地域基幹病院での口腔ケア・リハビリ治療・指導の症例報告・検討をいたしました。
4月から5件の依頼があり、担当歯科医師・口腔衛生センターからの派遣歯科衛生士さんによる経過報告があり 症例ごとに全身・口腔内症状や、患者さん・御家族の方の希望が異なる中、口腔ケア・リハビリ方法など検討いたしました。 
義歯新製を希望される患者さんの場合 義歯を入れてから口腔リハビリをするのではなく 印象など採っている期間にも マニピュレーションなどのケア・リハビリを並行して行い体のひずみを整え 顎の左右の位置を整える事で義歯装着後の良好な咬合回復が期待できる事や、
口腔ケア・リハビリは患者さんだけにするのではなく患者さんの御家族や看護士さんにも説明・指導していく事が大切ということを際確認いたしました。
入院期間が平均して短いために 退院後のケアの継続についてPTに参加されていない地域の歯科医師会会員さんとの協力連携も必要であり これからの検討課題となりました。

画像病院での口腔リハビリで 実際に行われている口腔内マニピュレーションのデモを PTチームの宮澤眞先生にモデルになっていただき 行いました。

画像わずかな時間のマニピュレーションでしたが、体の柔軟性が良くなり 片噛み(右噛み)が解消されたとのことです。
モデルさんは健康な方でしたが、脳血管障害後遺症で変則麻痺などがあり 体の左右差があり 均整が取れない患者さんの摂食嚥下機能回復に大変有効な療法です。
マニピュレーションの効果は一時的なものですが、繰り返し行う事により効果が持続するようになるそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)