世界の子どもたちは 乳歯が抜けたらどうしてるの?

日本では乳歯が抜けたらハヤク永久歯が生えてくるように上の歯は軒下に埋めて、下の歯は屋根の上めがけて放り投げるのが一般的です。

アメリカやイギリスなどの英語圏では寝る前に抜けた乳歯を枕の下に入れておくと歯の妖精がやってきて抜けた歯とコインを交換していくという言い伝えがあります。
メキシコやスペインなどラテン系の国では 枕の下に入れておくと ねずみの子どもがやってきて乳歯と交換にプレゼントを置いていってくれるようです。ねずみではなくリスという国もあります。どちらも大きな前歯が特徴の喫歯類です。丈夫な前歯が生えるように願ったようです。日本でも乳歯を投げるときに「ねずみの歯と取りかえろぅ!!」と掛け声をかける地方もあるそうです。飯田下伊那ではそういう話は聞きませんね。
抜けた歯をイヤリングにして身に付けておくという国も中南米のほうにあるようです。

歯科医院によってはティースボックスと呼ばれる乳歯のケースを用意している医院もあります。かかりつけの歯医者さんに聞いてみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い