摂食嚥下支援プロジェクトチーム研修会開催しました。

5月13日(水)飯田下伊那歯科医師会にて摂食嚥下支援プロジェクトチーム研修会が開催されました。
画像


地域基幹病院入院患者さんの口腔ケア・リハビリのために 当会口腔衛生センター口腔保健部門から歯科医師、歯科衛生士さんを派遣するための準備として行われてきた研修会です。
5月14日には 口腔ケア・リハビリの希望をする病院入院患者さんの「摂食支援のためのアセスメント票」に記入してもらい
20日までに患者さんの口腔内の状態や摂食嚥下機能を診断した上で、口腔ケア・リハビリの計画を立てるために 担当歯科医師が病院に伺うことになりました。
歯科衛生士さんによる口腔ケア・リハビリは21日(木)を第一回目として毎週木曜日に行う予定です。今後希望する患者さんが増えれば回数を増やしてゆく予定でいます。

研修会では、アセスメント票の記入から歯科医師による診断、ケア・リハビリの計画設定、歯科衛生士さんによるケア・リハビリの流れについて確認しました。

歯科衛生士さんによる実際にアロマオイルを使っての口腔ケア・リハビリの体験報告もありました。いろいろなケアの術式があり、まず自分たちで体験するということになり、次回の研修会では、5月14日から始まる実際の口腔ケア・リハビリの事後報告検討とともに
アロマオイルなどを使っての口腔ケアをお互いに実践 体験することとなりました。

画像

         ↑口腔ケアの体験談を話してくれる歯科衛生士さん

研修会で参考になると好評だった口腔ケア・リハビリの参考文献です。2冊目の本は歯科医師、歯科衛生士以外の介護に関る方にも参考になる本です。
デンタルダイヤモンド社 発行
監修:市川文裕
「訪問歯科診療で活用する食介護の知識と実践」

日本医療企画 発行
浜松大学健康プロデュ‐ス学部 健康栄養学科教授 手嶋登志子著
「高齢者のQOLを高める食介護論」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0