故鮎澤英齢先生の従六位旭日双光章受章伝達式が行われました。

今年2月6日に御逝去された故鮎澤英齢先生が従六位旭日双光章受章され 
伝達式が4月28日(火)飯田市役所市長室にて挙行されました。

鮎沢英齢先生は、飯田市松尾町 鮎澤歯科医院の二代目院長として診療に従事するとともに、
昭和46年からは飯田下伊那歯科医師会の会長として、又、県歯科医師会の役員として飯田下伊那地方ならびに長野県の歯科医療界の発展に貢献していらっしゃいました。
特に当会会長就任当時は子どものむし歯が非常に多い時代で、学校歯科の充実、口腔衛生啓蒙活動に取り組まれ 当会口腔衛生活動の基礎を築かれました。

        ↓伝達式には御子息の当会鮎澤潤会員が出席されました。
画像


        ↓伝達の後、鮎澤潤会員を囲んで当会宮澤会長と市長さん。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス