長野県歯科医師会調査「歯がたくさん残っている高齢者の方は医療費が安い」

2008年5月に県内全域の医療機関が診療した歯科、医科の診療報酬明細書を元に高齢者の歯の健康調査をした結果
65歳以上で歯が多く残っている方ほど内科や外科などの医療費が安くなる傾向が判明しました。

歯が19本以下の高齢者の方は、20本以上の方に比べて、歯科の平均月額診療費が11.9%、医科の平均月額医療費は20.7%とそれぞれ高額になっていることがわかりました。
80歳以上では、歯の残存数の違いによって医科診療費に付き一万円以上の差が生じていました。
生活習慣病の治療に関しても、歯が多い方や歯周病のない方が、費用日数ともに低くなっている傾向が見られました。

この調査の結果は県歯科医師会HPや地元誌で紹介されています。
飯田下伊那歯科医師会会員診療所でもこの調査に協力いたしました。詳しい結果は小冊子にまとめて月例会の時に県から発表されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0