「がんとどう向き合うか 口腔がん」小冊子より

口は「食べる」、「しゃべる」、「表情を作る」などの、豊かな人生を送るための重要な働きがあります。ところが、このように体の大切な一部である口にも体の他の部位と同様にがん(口腔がん)が発生することは意外に知られていません。

初期の口腔がんは簡単に治すことができ後遺症もほとんど残りません。しかし、進行した口腔がんの場合は、治療により舌やあごの骨がなくなったり顔が変形したりするため、食事や会話に著しい障害が生じます。また、最悪の場合は口腔がんで命を落としてしまうこともあります。

口は肺や胃と違って自分で直接見ることができるため、口腔がんは肺がんや胃がんと比べればずっと発見しやすいがんであるといえます。
それにもかかわらずかなり進行するまで口腔がんが放置されることはそれほど珍しいことではありません。これは一般の方々に、口腔がんについての知識があまりないことが原因と思われます。

飯田下伊那歯科医師会会員各医院に財団法人 がん研究振興財団から
「がんとどう向き合うか  口腔がん」という小冊子が配られました。
関心のある方はかかりつけの歯科医師に相談してください。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0