在宅高齢者の方のための医療保険や介護保険を使っての歯科領域の自宅で治療・ケア

口腔内に疾患がある場合には 「訪問歯科診療(往診)」ならびに「訪問歯科衛生指導」を利用して医療保険での診療ができます。
治療が終わった後は介護保険を利用して在宅高齢者の方の自宅へ口腔ケア(口腔や義歯の清掃)、口腔機能のリハビリのために伺うことができます。


「訪問歯科診療」とは往診のことで、障害や寝たきりの方で歯科医院への通院が困難な方の自宅や施設病院などに歯科医師が出向いて診療いたします。
歯科医師が歯科診療に使う道具を持参いたします。
歯を削ったりする場合飯田下伊那歯科医師会が会員の必要に応じて貸し出す診療用ユニットもあり、ベットサイドで歯科医院サイトでの治療内容に近い診療が可能です。

「訪問歯科衛生指導」は訪問歯科診療を行なった歯科医師の指示に基づき、歯科衛生士が訪問して患者さんの口腔内の清掃などに係わる指導(プロフェッショナル口腔ケア)を行います。

口腔内に疾患がなく歯科治療の必要がなかったり、歯科治療によって口腔内の状態が改善された後には
口腔の健康維持だけでなく全身の健康維持のために 
要支援・要介護認定を受けている方には介護保険による「居宅療養管理指導」を受けることをお勧めします。
体の障害のために御自分では口腔内や入れ歯をきれいにできない方や、口腔機能が衰え始めた方に歯科医師や歯科衛生士が自宅に伺って口腔や入れ歯の清掃をしたり、機能回復訓練をします。
介護者の方にも口腔ケアの仕方をアドバイスしたり、口腔機能の維持・回復のためのリハビリ方法を紹介し足りします。
歯科の介護サービスは介護サービス支給限度額の枠とは別に適応されますので
介護度に関係なく、また、ケアマネージャーが策定したケアプランとは別に受けることができます。
歯科疾患治療後の口腔ケアは自宅での介護を受けられている方が対象となりますので
要介護状態で特別養護老人ホームなどに入所されている場合は、施設サービスに含まれます。
※詳しくはお住まいの市区町役場にご相談ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0