☆学校健診で「歯石がたまっています。」といわれた方へ

飯田下伊那歯科医師会公衆衛生部では
学校健診の結果のお知らせの書式モデルを作り教育委員会を通じて各校に提示しております。
当ブログでは 「歯科健診結果のお知らせ」の各項目に沿って説明して参ります。
お子さんの健診結果に合わせて参考になさってください。


健診のお知らせに「歯石がたまっています。」とかかれていたら
お子さんのお口の中で特に下の前歯の内側や上の大臼歯の頬側を覗き込んでください。
生え際に付いたアイボリー色の帯状のものが歯石です。
歯石がついていることを確認したら丁寧に歯みがきをしてみてください。
歯みがきでは取れないことがわかると思います。
歯石は歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を使わないと取れません。
量販店などに「歯石を取るキット」と称して歯科医院で使うような器具が売られていることがありますが、
御自分で歯石を取ろうとしても、完全には取れませんし、
取った後がざらざらしてしまい新しい歯石が更に付きやすくなります。
歯の表面を削ってしまったり、傷つけてしまったりすることもあります。

歯石は毎日の歯磨きで残った歯垢が固まったものです。
歯石の付いている患者さんに伺うと「毎日しっかり磨いている」と答えられる方が非常にたくさんいらっしゃいます。
特にお子さんは自分ではしっかり磨いたつもりでも磨き残しがあることが多いので、
歯科衛生士さんに歯垢染色などをしてもらって
お子さんの歯並びやあごの成長に合わせた磨き方を教わってください。

思春期のお子さんの場合、成長ホルモンの影響できちんと磨いていても歯石が付くこともあります。
定期的に歯面清掃(PMTC)を受けると 汚れが付きにくくなり歯石の付着を少なくすることができます。かかりつけの歯科医と相談してください。
歯面清掃(PMTC)についての記事をクリックして見てください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0