☆学校健診で「あごの関節のことで相談してみてください。」といわれた方へ

飯田下伊那歯科医師会公衆衛生部では
学校健診の結果のお知らせの書式モデルを作り教育委員会を通じて各校に提示しております。
当ブログでは 「歯科健診結果のお知らせ」の各項目に沿って説明して参ります。
お子さんの健診結果に合わせて参考になさってください。


顎関節部の異常を訴える児童生徒が急増しています。
日常生活に支障をきたす開閉口障害や疼痛を訴える場合には
精密検査を受け 必要が在れば治療を受けてください。
軽度の場合は定期的にかかりつけ歯科医の診察や検査を受けてください。

日常生活では以下のことに気をつけてましょう。
・食事はよくかんで食べ、両側で均等にかむようにしましょう。
・頬杖をつかないよう、また無意識に食いしばらないようにしましょう。
・極端に大きく口を開けたり、非常に硬いものを無理にかんだりしないようにしましょう。
・毎日適度な運動をするようにしましょう。

顎関節症は精神的なストレスが原因となることもあります。
歯科医師の受診で異常がないようであれば、あまり気にしすぎることのないようにすることも必要です。
顎関節症についての詳しい記事が日本歯科医師会HPに出ています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0