☆学校健診で「歯肉が歯肉炎になりそうな状態です。・・・」といわれた方へ

飯田下伊那歯科医師会公衆衛生部では
学校健診の結果のお知らせの書式モデルを作り教育委員会を通じて各校に提示しております。
当ブログでは 「歯科健診結果のお知らせ」の各項目に沿って説明して参ります。
お子さんの健診結果に合わせて参考になさってください。


歯肉が歯肉炎になりそうな状態」とは以下のような状態のことです。
歯肉に軽度の炎症症状が認められるが、健康な歯肉の部分も認められる
歯垢の付着は認められるが歯石の沈着は認められない
歯の清掃指導を行ない、注意深い歯みがきを続けることにより、炎症症状が消退するような歯肉の状態

歯肉が歯肉炎になりそうな状態」と診断された児童生徒には
学校においては養護の先生や当会口腔衛生センター保健部門の歯科衛生士による口腔指導を行ない
児童生徒が 歯や口の健康に関心を持ち、好ましい生活習慣を身につけるよう促しています。
歯磨きがきちんとできるようになると比較的早い時期に歯肉の状態は改善します。

札幌歯科医師会学校歯科医会HPの中にGOの写真が載っています。
お子さんの歯肉は同じような症状ではありませんか?
記事にあるように正しい歯磨きができるようになれば症状が改善します。

歯科医院での個々の児童生徒の口腔内や家庭環境に沿った口腔保健指導や、食事指導も受けてください。
歯磨きだけでなく 食事をはじめとした生活習慣の改善や、定期的な歯面清掃(PMTC)を受けたり、キシリトーを積極的に摂取したりすることで、歯肉炎の症状は改善しますが、
歯磨きを怠ると元の状態に戻ってしまいます。
定期的にかかりつけの歯科医院できちんと磨けているかを確認しましょう。

PMTC キシリトール に付いてクリックすると詳しい記事が出ます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた