口腔のプロによる歯の清掃 PMTC

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師や歯科衛生士による専門的な歯の掃除の事です。
PMTCを行うと歯の表面の汚れの皮膜(バイオフィルム)が破壊され新しい汚れの付着を防ぎます。


バイオフィルは歯の表面を薄く覆っている細菌の塊であり、歯周病や虫歯の原因となります。
そして歯の色が黄ばんで見える原因の一つでもあります。
バイオフィルムは普通のブラッシングでは取り除く事はできません。
歯科医院で歯科医師や、歯科衛生士によるPMTCで取り除く事ができます。
歯磨きがうまくできてなくて磨き残しの目立つ方は歯科医院でPMTCと並行して
ブラッシング指導を受けられると効果的です。

レントゲンや歯科医院の器具を使って、歯肉の状態を確認します。
歯と歯茎の間についた歯石等の汚れを取り除きます。デンタルフロスなどで、歯と歯の間もきれいにします。歯科医療専用の器具を使って、歯の表面に付いた「茶渋」などを取り除きます。最後に、ペーストなどをつけて、歯の表面をつるつるにします。
虫歯予防を兼ねてフッ化物を配合されたペーストを使う医院が増えてきています

写真はPMTCを受ける前と後の写真です。
歯と歯の間や、歯茎に近い部分に着色が見られます。
特に、下の前歯は、他の部分に比べて、汚れが付着しやすいのに目立ちにくいため
上の前歯に比べて汚れを見落としがちです。
お子さんや御自分の歯を鏡でよく観察してみてください。
一見した所、汚れていないように見えても、よく見ると、
歯と歯の間(写真の①の部分)や、歯茎に近い部分写真の②の部分)に着色が見られるかたが多くいらっしゃいます。

画像



画像


画像



PMTCで取り除いた汚れは、3ヶ月程度で再び付着します。
3ヶ月に1回程度、かかりつけの歯科医で、虫歯や、歯周病のチェックを兼ねてPMTCを受けられる事をお勧めします。

日本歯科医師会のHPには歯のクリーニングを受けた歯の写真が掲載されています。
興味のある方は、日本歯科医師会のHPをご覧になってください。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0