むし歯の予防方法 シーラント

むし歯になりやすい臼歯部咬合面の溝の部分に歯科用の充填剤を流し込んで固めて歯を削ることなく溝をふさぐ処置をシーラント(フィッシャーシーラント)といいます。

奥歯の溝は複雑な形をしていてブラッシングによる清掃では汚れが残りがちです。
小中学生のむし歯の多くがこの部分にできるものです。
溝の部分を歯科医院で専門の器具を使って掃除したあと
歯を削らないままでシーラント剤と呼ばれる専用の充填剤を流し込むと
溝の奥のほうまで充填剤が入り込んで溝を封鎖します。

シーラントで奥歯の溝をうずめることで
むし歯になりやすい咬合面の溝の部分の磨き残しがなくなることや
むし歯原因菌が作り出す酸で侵されるのを防ぐことで 虫歯予防効果が出ます。

初期のむし歯の場合 虫歯の進行を抑制する目的でシーラント処置をすることもあります。
臼歯部咬合面のむし歯は歯が生えてきてすぐに発症することが多いので、
乳歯の時期にむし歯が多かったり兄弟や御家族に方に虫歯が多かったりする場合
萌出後できるだけ早い時期にこの処置を受けることをお勧めします。

シーラントは複雑な溝を持つ奥歯の虫歯予防に効果を発揮しますが、
生えて来てからの期間が短いほど効果を発揮するため、
歯の生え変わりの時期(小中学生)のお子さんは定期的に歯科医院での健診を受け
新しい歯が生えて来る毎にシーラント処置を受けるといいでしょう。

シーラントについて詳しいことが 東京都歯科医師会HP に出ています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0