毎回歯科健診の度に「虫歯になりそうな歯」で受診をしますが、毎回受診の必要がありますか?

学校歯科健診の後で 「むし歯になりそうな状態の歯があります。学校で予防指導を行いますが、かかりつけの歯科医に、予防法や予防処置など相談してみてください。」と言われます。その度に歯科医院で診てもらう必要がありますか?
と保護者の方から聞かれることがあります。


むし歯になりそうな“要観察歯CO”は、口の中の環境をより整える必要があります。
適切な食事指導と正しいブラッシングが必要なため、これらをしっかり身に付け、
口の中の環境がより良い状態になるまで指導を受ける必要があります。
更に良い状態を維持する必要があります。
定期的に歯科医院で指導を受けられることをお勧めします。
半年に1度の学校歯科健診はそのいいチャンスだと考えてください。
むし歯になりそうな環境が改善されない場合もう少し短い間隔で
歯科受診をしていただいたほうがいい場合もあります。

“要観察歯”の中には治療を要するむし歯も含まれる場合もあります。
“要観察歯”はすぐには削ったり詰めたりせずに
口腔内の状態に合わせた保健指導と事後措置を行う必要がありますが、
一定期間後に再検査を行い、治療が必要と判断されればその時点でむし歯治療を行うこともあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0