最近増えている口呼吸

歯科医院を受診する方だけでなく、
街で見かける方たちの中にも最近は口呼吸をしている方を多く見かけます。
特に小さなお子さんに多いようです。


お子さんの顔を見てください。口が開いていませんか?
特にゲームやテレビに熱中している時に子どもの顔を見てください。
口が開いていたら「口呼吸」をしています。
「口呼吸」の原因には鼻の病気が関連する場合もあるので、
耳鼻科で受診してください。
ほとんどの「口呼吸」の方は鼻に原因がなく生活習慣から来るものといわれています。

「口呼吸」をすることにより口腔内が乾燥して唾液が少なくなり
むし歯や歯肉炎になりやすくなったり、口臭の原因になったりします。
歯科領域だけでなく風邪等の感染症にかかりやすかったり
口の周りの筋肉が衰えて、老けて見られる原因でもあります。

口呼吸を治すには意識して鼻で呼吸をするようにすることが一番です。
(耳鼻科の疾患のないことを確認の上で)
「口呼吸」は習慣化すると治しにくいので、小さい頃から早いうちに治しておきましょう。
「口呼吸」を治すための訓練や装置もいくつかあります。
かかりつけの歯科医院で相談してください。

「口呼吸」について詳しいことが十勝歯科医師会のHPにのっています。参考になさってください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0