キシリトールの効果的なとり方

キシリトールには高いむし歯予防効果があります。
せっかくキシリトール入りのガムやタブレットを摂取するのなら、
効果的な方法で摂取しましょう。


キシリトール100%のガムやタブレットを摂取する場合  
むし歯予防には1日3回一粒ずつ食後の歯みがき前にかむのが良いとされています。

妊婦さんや赤ちゃんが身近にいて お子さんへの「ミュータンス菌」感染を防ぐ目的の場合 
1日5回、毎食後と間食後、おやすみ前に1粒を噛むことをおすすめします。
一度にたくさん摂るより、一日に何度かに分けて摂るほうが効果的です。
キシリトール入りのガムやタブレットは唾液をたくさん出す効果もあります。味がなくなっても5~10分間噛み続けましょう。


赤ちゃんがミュータンス菌に感染した場合
周りにむし歯にかかりやすい方がいる場合感染してしまっていると考えてください。)は、
キシリトール摂取だけでなく
フッ素の入った歯みがき剤で、一日2回しっかりと歯みがきして、
さら年に2回くらい、歯科医院で高濃度のフッ素塗布をうけましょう。
フッ素は、歯のエナメル質を硬くします。
歯の汚れをとるだけでなく 歯みがき剤の中の微量フッ素を利用して、「歯質強化」を行うためにも歯みがきをしましょう。
市販のキシリトール入りのガムは100%キシリトールのものだけではありません。
むし歯の素になる ほかの甘味料 が含まれたものも多く見られます。
100%キシリトール入りのガムやタブレットは歯科医院でお求めください。

キシリトールの効果については、このブログの キシリトールのむし歯予防効果  をご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0