キシリトールのむし歯予防効果

キシリトールは、天然素材甘味料です。「ミュータンス菌」の栄養分である糖分と同じ構造をしていますが、「ミュータンス菌」が取り込んでも、「ミュウタンス菌」の栄養分にはなりません。
キシリトールを摂りつづけると、ミュータンス菌がいなくなってしまうのです。期間としては、キシリトールを摂取して3カ月後から減り始め、約2年でほとんどいなくなります。


キシリトールがむし歯を防ぐ理由

「むし歯の原因にならない」ということ。
むし歯は口腔内の細菌(ミュータンス菌)が食事で摂取した糖分を分解してできる「酸」によって歯の表面を溶かします。
キシリトールは口の中で分解されても、「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。さらにキシリトールの含まれたガムやタブレットが口の中で唾液を出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。

「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果。
むし歯の原因となるプラークの中の粘性の物質を溶かしプラークが歯に付きにくくし、歯の再石灰化を促します。

「ミュータンス菌」の栄養分にならない。
キシリトールは、「ミュータンス菌」の活動栄養分と似た構造をしているため、「ミュータンス菌」の活動や、増殖の素になる栄養摂取が少なくなります。

キシリトールの摂取の仕方については、このブログの  キシリトールの効果的なとり方 をご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0