【小中学生の4割が歯肉炎】 のCMについて

花王のデンタルリンスのCMで「小中学生の約4割が歯肉炎になっています。」とありました。
驚かれた方も多いと思います。


データの元になったのは、平成17年度の歯科疾患実態調査 とのこと。
調べてみると全国で約4600人を対象として、5歳以上15歳未満では455人が対象とした調査の結果だそうです。

歯肉炎については、上下左右の第1大臼歯4本と右上中切歯 左下中切歯 6本の歯肉を検査しています。(成人は第2大臼歯も)
歯石の沈着がある場合と、
プローブと呼ばれる歯周病検査用の探針で歯の周りの歯肉を探って出血する場合
「歯肉炎の所見あり」とカウントしています。
5歳から9歳の児童では、38.9%、10歳から14歳の児童生徒では、51.2%が歯肉炎の所見があり、
この結果がCMで言っている小中学生の4割が歯肉炎という根拠のようです。

学校歯科保健で定められた歯科健診では診査の観点が違うため歯肉炎にかかっている割合は少し低くなりますが、
小中学生の虫歯の本数が減っているのに歯肉炎罹患者が増加していることは
飯田下伊那地区でも同様の傾向が見られています。

お子さんの歯肉を良く見てあげてください。

下の前歯の裏側に歯石がついていませんか?
歯肉が赤くなっているところはありませんか?
歯と歯の間の歯肉は、腫れてふくらんだようになっていませんか?
これは歯肉炎の症状です。


画像


画像


気になる症状があれば、
小さなお子さんの歯肉炎の場合 歯磨き指導を受けて実践するだけでも
春の歯科健診までに症状が改善されることが多いので、
春休みのうちに歯科医院で診察を受けることをお勧めいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス