サルだって口腔ケアの仕方を子どもに教えます。

3月11日付けの産経新聞他にタイのサルの集団の中に
「人の髪の毛をフロスのように使って歯と歯の間のよごれを取り除いていて、
なおかつ それを仔サルに教えようとしている」
という記事がありました。


京都大学霊長類研究所のHPを見ると2009年03月10日 活動レポートとして
「PLoS One掲載:野生カニクイザルの母ザルは子どもが見ていると道具使用を大仰にしてみせる」
正高信男・香田啓貴・渡邊邦夫ほか という記事が載っていました。

タイのロブリーという街の近辺に生息する野生カニクイザルの観察をしたところ
そのうちの100頭が人の髪の毛を使ってデンタルフロスのようにして使うそうです。
更にメスザルは自分の子どもが見ている前では時間をかけて何度も髪の毛を歯と歯の間に通し、
仕草も大仰にしているそうです。
母ザルは子どもの前では普段の自分の歯みがきの仕方を変えることで
子どもが、「歯磨き」を習得しやすいようにしている可能性が高いと考えられ、
教育の起源の解明に役立つものとされるとのことです。
興味のある方は、京都大学霊長類研究所のHPをご覧ください。

人間でも同じように両親をはじめとして、周りの大人の歯みがきの仕方をまねします。
小さい頃から、食後は歯みがきをするものという習慣を身に付けるには、
身近にいる大人たちが率先して歯みがきをすることが大切です。

歯と歯の間に物が詰まるのは、おじさんの特徴という考えがありますが、
小学校の低学年から歯肉炎にかかっているお子さんが増えています。
フロスは小さい頃から使うように教えてあげてください。

歯みがきしている犬や猫の写真をご覧ください。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)