犬の歯みがき 猫の歯みがき

犬は、歯周病に成りやすいそうです。
特に代々交配を重ねてきた小型犬は顎が小さく、
歯垢がたまって歯石を形成しやすい顎の形をしています。
食事も、柔らかいものを好んで食べていると更に歯周病になりやすくなります。
まるで現代人の子ども達の口腔の状況に似てますね。


人間と同様に、歯垢、歯石がたまると歯周病を発症し、歯が抜けたり、むし歯になったりするだけでなく、心臓や、循環器への障害の併発してしまいかねません。

猫の場合も歯周病に罹るそうです。
が、むし歯に関しては、人間のむし歯とは少し違うようです。
ウィルスや、免疫機能が関連して、歯茎のきわの部分の歯が溶けていくそうですが、
まだ詳しいことは獣医さんの間でも解明されていないそうです。
しかし歯みがきをすることによって、その症状の進行を遅くすることができると言われています。

獣医さんに歯石除去をお願いすると、
犬や猫の場合は、全身麻酔が必要になり大事になります。
愛犬や愛猫の健康を守るためには、人間と同じように、
日常から歯垢の蓄積を防ぐことが大切です。

与える餌の成分に注意したり、噛む力を増すためのおもちゃを与えたり
犬や猫のデンタルケアには、いろいろな方法があります。
詳しいことは、かかりつけの獣医さんに相談していただきたいと思いますが、
人間と同様にはみがきをすることも有効な方法であると言われています。

犬は比較的歯みがきをさせてくれるようです。
人間とほぼ同じ磨き方でいいようです。
ただし、市販の人間用の歯磨き粉は、発泡剤が含まれていることが多く、
犬や猫はうがいができませんから 消化器官に障害を起こしてしまうので、
歯磨き粉の使用はさけてください。
口臭が気になる時には、犬専用の嗽の必要のない歯磨き粉を御使いください。

歯みがきをさせてくれる猫は、なかなかいないようです。
猫用の歯ブラシも市販されていますが、
ガーゼを指に巻いて、猫の口に入れて、歯の周りを一週間に2~3回ふいてあげるといいそうです。
なかなかそれすらもさせてくれないとは思いますが・・・

中には、ちゃんと良い子で、歯磨きさせてくれる猫ちゃんもいるようです。
花王ペットのHPでは、http://www.kao.co.jp/pet/cat/service/scat/sc05_01.html
歯みがきをよい子でさせる立派な猫ちゃんの写真や
猫の歯の磨き方を教えてくれます。



画像








歯科医師は、ちゃんと説明すれば歯を毎日丁寧に磨いていただける
人間相手の仕事でよかったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0