歯科医師会 会員研修で入れ歯の修理の研修を行いました。

飯田下伊那歯科医師会にある
いくつかの研修グループのうちの一つ
臨床問題懇談会の研修会が1月24日に行われ
入れ歯の修理について学びました。


飯田下伊那歯科医師会に限らず
各地の歯科医師会でいろいろな歯科医療に関する研修が行われています。

毎年、2~3回 日本中から講師に来ていただいて
最新の歯科医療技術を学んでいる臨床懇談会ですが、
今回は、東京歯科大学歯学部から入れ歯の専門の講師をお呼びして、
入れ歯の修理についての研修をいたしました。

入れ歯は、一度入れたら、ずっとそのまま使えるわけではありません。
周りの歯が欠けたり、歯肉がやせたり
落として割れたり・・・
落とさなくても、日常の噛む力が全てかかる入れ歯は
使っているうちに、噛む力(咬合力)がかかって徐々に割れやすくなっていきます。
よく噛める入れ歯ほど咬合力を強く受けるために壊れてしまうことがあります。

入れ歯の修理は、歯科医院では、日常よく出会う症例です。
診療に役立つ 最新の入れ歯の修理技術を学びました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0