口の中を綺麗にすることで  インフルエンザの予防になります。

口腔内に細菌がたくさん生息すると
口腔内の細菌が出す 酵素「プロテアーゼ」が鼻や喉の粘膜を傷つけて、
風邪 インフルエンザのウィルスが付着しやすくなり、
ウィルスが人間の細胞内に入り込みやすくなります。
舌磨きや歯みがきで 口の中をきれいにすることは
ウィルスの体内への侵入(感染)を防ぐ有効な方法です。



2月4日放送のNHKためしてガッテンで
インフルエンザ緊急生放送として インフルエンザの予防法を放送していました。

有効な予防法として、
口腔内をきれいにして口腔内の細菌の数を減らすことで、
ウィルスの体内への侵入(感染)を防ぐことができる事が紹介されていました。

口腔内をきれいにするには、舌磨きや、丁寧な歯みがきが必要です。

舌磨きは、柔らか目の歯ブラシを使って
歯ブラシを舌の奥のほうから前に動かして
汚れを取ってください
毎日の歯みがきの際に行ってください。


歯みがきは、特別な注意は要りません。
かかりつけの歯科医師や衛生士さんに教わった
むし歯や歯周病予防のための歯みがき方法を実践してください。


歯みがきが上手にできない介護の必要な方には、
介護保険を使って
口腔ケアのために自宅まで、歯科医師や衛生士がうかがって、
口腔内の手入れをすることが可能な場合が多いので
かかりつけの歯科医師や、ケアマネージャーに相談してください。

また飯田下伊那歯科医師会口腔保健センターでは
病院入院患者さんのために口腔ケアのために伺うために準備をしております。
4月からの開始を目指しております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0