歯科医療と金属アレルギー

歯科医療で使われる材料の中でも金属は欠かせないものですが、
体質によってはアレルギーの原因となることがあります。
金属アレルギーの主な症状は口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬などで、
全身疾患としては、全身性接触皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、扁平苔癬、偽アトピー性皮膚炎、顔面湿疹などです。


ピアスやネックレスによる皮膚のかぶれや発赤、かゆみなどのある患者さんは、
歯科治療で使う金属にも反応して、アレルギー症状を起こすことがあります。
ただし装飾品で皮膚がかぶれるために歯科用の金属にもアレルギーをおこすと思っている患者さんでも、
歯科用の金属は比較的アレルギーが出にくい高価なものが使用されているため、
歯科用の金属には反応しない場合が多く見られます。

金を主体とする貴金属を使用した装飾品を使用しても、アレルギーの出る方は、
歯科用の金属でもアレルギーが出る心配があります。
歯科用の金属にはいろいろな成分が含まれた合金を用いるので、
アレルギーの出る方は、
皮膚科で、どの金属に反応するかを調べてもらい、全ての金属に反応することは稀なので、
反応しない金属を使うことになります。
皮膚科診療所の中でも金属アレルギーテストを行う診療所と、行わないところが在りますので、
あらかじめ歯科医院からの紹介状をもらって紹介先診療所でアレルギーテストを受けるることをお勧めいたします。
しかし歯科用の金属の全てに反応する場合もあります。
一般的に部分入れ歯やブリッジは金属を使用せざるを得ないのですが、ファイバーやジルコニアを使用したブリッジやプラスチックのツメを使用した部分入れ歯が開発されています
心配な方は、かかりつけの歯科医師に相談してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0