叢生について  郡市民大会子ども歯科相談より        

歯の健康を守る郡市民大会のこども歯科相談では
むし歯に関することより歯列不正に付いての相談が多かったように思います。
叢生に関して多くの方から相談されました。


叢生については
最近の子どもは、顎がほっそりしているので、その傾向があるように思います。
乳歯列が完成して、そろそろ永久歯が萌出してくる年齢になっても
歯列空隙がほとんどない子供は叢生になるような気がします。
写真は下の前歯が重なって生えているところ(叢生)です。

画像












対応としては、4本の第一小臼歯を抜歯して矯正してもいいのですが、
拡大装置を使って、顎骨を大きくしてあげるのがいいような気がします。
写真は、上のあごの拡大装置を付けた所です。

画像












叢生も下顎前突も共に疾患ではありません。
それらになることで起こると思われる弊害をよく考えて対応をしてあげる事が大切だと思います。

記 牧内高

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0