飯田市の今年の歯の健診結果が出ました。

表は、飯田市の小学生の一人当たりの永久歯のう歯数の推移です。
毎年確実に減少してきています。



画像




全国的にお子さんのむし歯は減少傾向にありますが、最近の長野県の数値と比較しても、少なめです。
当地区の学校で、養護の先生を中心として、熱心な口腔衛生啓蒙活動が行われてきた成果だと思われます。

子どもの頃に身に付けた、口腔衛生の習慣は、大人になっても忘れないものといわれています。
子どもの時期に、身に付けた歯を磨くと、お口の中が気持ちよいという感覚は、歯を磨かないと気持ち悪いという感覚として、大人になっても残っていくそうです。
学校の先生方や学童保育の児童厚生員のかたには、給食や、学童保育のおやつの後のはみがきの徹底をこれからもお願いします。

これからの課題としては、最近微増気味の歯肉炎や、顎の発育不良の問題を養護の先生や保護者の方たちと共に、歯科医も取り組んで行きたいと考えます。



資料提供 中部支会保健統計

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0