マウスウォッシングで口元のシワ対策

マウスウォッシングの習慣は、シワ対策にも役立ちます。
特に30歳過ぎたら、お口の脇のタテジワ(ほうれい線)対策にお顔のエクササイズをかねてマウスウォッシングを毎日続けましょう。


マウスウォッシュは、歯磨き用と歯みがき後用の2種類があり、使用法が異なります。
殺菌性のものは、口臭予防になるだけでなく、むし歯や歯周病の原因を殺菌します。

ブラッシングだけではプラークは落ちないために、歯みがきあとには、マウスウォッシング(薬剤を使ってのうがい)をおすすめします。
特にデンタルリンスは長い時間効果が期待できるので、夜の歯みがき後に使うことがお勧め出す。
むし歯、歯周病予防だけでなく、フェイシャルエステにもなれば一石二鳥ですよね。

フェイシャルエステを兼ねたうがいの仕方。
片方の頬を思い切り膨らませて8回ぐらいブクブク、反対側の頬も同様に。
鼻の下を膨らませて、うがい液を行き来させてブクブク、下顎も同様にブクブク
最後に、目を精一杯大きく見開き、両頬を外に限界まで膨らませてブクブク。


詳しいことは、リステリンのHPに載っています。ご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0