6歳臼歯の頬側のむし歯が目立ちます

6歳臼歯の頬側の溝にむし歯が出来ていたり、初期虫歯になっている児童が目立ちました。(特に3年生から5年生ぐらい)
この秋の小学生の歯科健診を終えたある歯医者さんの感想です。


「6歳臼歯のかみ合わせの面は、むしばになりやすいからよくみがくように」と、
歯医者さんや、学校での歯科保健指導で聞く事が多くて、
気をつけてみがいている子供でも、頬側の部分はみがき忘れている子供が目立ちました。

特に、小学校のうちは、6歳臼歯の前側の歯が乳歯と、永久歯の臼歯部の生え変わる時期で隙間があったり、
歯の生えている高さが不ぞろいだったりします。
そのために、歯ブラシが当たりにくい時期です。

①の乳臼歯の影に②の6歳臼歯が隠れていて、歯ブラシが当たりにくくなっています。


画像




③小臼歯と④6歳臼歯のたかさがふぞろいです。そのために歯ブラシがうまく当たりません。
⑤乳歯が抜けた後、まだ永久歯が生えてこないので、奥歯のほうまでは歯ブラシを当てそこないがちです。


画像




嚙む面だけでなく、横の面も歯ブラシが当たっている事を意識しながら、みがくようにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス