フッ化物塗布を受けられたお子さんと保護者の方へ フツ化物マメ知識あれこれ 

フッ化物を応用しての虫歯予防法は正しく行うとたいへん効果的な予防法です。

フッ素は、自然界に存在する元素の一つで歯の表面に塗布する事で、酸に強いエナメル質を作り、
酸に解け始めたエナメル質を補強することで、歯質を強化し、虫歯に対する抵抗力を高めます。
虫歯の原因になる、歯の汚れ(歯垢)の中のばい菌の活動を阻害して、
歯垢の酸性度を低下させ、虫歯の発生を抑えます。

歯の健康を守る郡市民大会で行われる、フッ素イオン導入法は、集団で行うのにはたいへん適した方法です。
(少人数対象の場合、イオン導入法の外のフッ化物塗布の方法を行っている歯科医院もあります。)


画像





1度のフッ化物塗布をしただけでは、虫歯予防は万全ではありません。
乳歯が生えそろい始める3歳前後から、永久歯が生え終わる中学卒業時期まで
継続的に塗布なさる事をお勧めします。
一般的に年に3~4回の塗布が効果的です。
お口の中の虫歯の状態で回数は違ってきます。
かかりつけの歯科医師と相談してください。


画像




フッ素を使った虫歯予防の効果は、生えたての乳歯や永久歯に特に効果的ですが、
大人の歯にもフッ素は同じように作用しますので、虫歯予防としての効果があります。
青年や成人の場合だと歯と歯の間の虫歯がおきやすく、
高齢者の方は、歯肉が下がって歯根が露出するため、その部分に虫歯が発生しやすくなります。
フッ素は正しく使うと、それらの虫歯を予防します。
定期健診と、歯やお口の清掃をかねて、塗布なさる事をお勧めします。

フッ化物塗布をしても、歯磨きや食生活に偏りがあると、虫歯になってしまいます。
歯科医院でのフッ化物塗布に平行して、
御自宅でも、フッ化物配合のうがい薬と、歯磨き粉の使用をなさってください。


フッ化物塗布をなさったからと安心しないでください。
フッ化物塗布は、かかりつけ歯科医院での正しいブラッシング指導や、食事や間食の指導を守ることで始めて効果を発揮します。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0