フッ化物塗布の前に 読んでいただきたい事

フッ化物塗布を受けられる方は、塗布の虫歯予防効果をより増すために、塗布の前に読んでください。


画像フッ化物は歯の表面に、汚れがあると、歯の内部に浸透する事ができません。
事前に歯みがきをなさって、きれいなお口で塗布を受けてください。
『歯の健康を守る郡市民大会』会場では、歯科衛生士さんによる子供さんへのブラッシング指導をしていますが、混んでいる場合もございます。
事前の歯みがきをおねがいします。



画像フッ化物塗布をなさると、口元が濡れます。子供さんによっては、唾液がたくさん出る場合もありますので、タオル等を持参してください。
フッ化物塗布後、30分程度は、お口の中で、フッ化物が歯質に作用しています。
その間は、うがい、飲食を控えてください。


画像フッ化物を含ませた液体の味などが、気になって、うがいをしたり、唾を吐き出したくなるお子さんもいます。できるだけ、がまんしてください。


画像フッ化物は、虫歯菌の殺菌剤や、ワクチンではありません。一度塗布をしたら、虫歯にならないわけではありません。
歯科医師、歯科衛生士さんによる、食事指導、ブラッシング指導と共に、年に数回のフッ化物塗布を受けましょう。
フッ化物を用いた洗口(うがい)や、フッ化物入りの歯磨き粉を使っての歯磨きも有効です。
フッ化物だけでなく、キシリトールにも虫歯予防効果があります。両方の成分が敗亡された歯磨き粉の使用をお勧めします。


虫歯予防の方法には、他に、シーラントと呼ばれる生えた直後の奥歯の溝を歯科用のプラスチックで埋める方法もあります。
御両親や、兄弟の方で、虫歯で苦労されたことのあるお子さんは、虫歯リスクが高くなりがちです。かかりつけの歯科医師に相談して、早めの虫歯予防を心がけてください。


お子さんの虫歯予防の方法にフッ化物の使用のほかに、キシリトールの応用や、奥歯の溝を埋めるシーラントとよばれる方法もあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0