8月月例会が開催されました

8月7日に飯田下伊那歯科医師会の8月月例会が開催されました
今月の会の活動予定の連絡や、各種講習会の案内のほか、
11月始動を目指している口腔保健センターについての説明がありました。  

口腔保健センターは、既存の休日診療業務にくわえ、
現在長野県歯科医師会で行っている歯科口腔保健業務を移管統合し、
飯田下伊那歯科医師会の独自事業として運営してゆくものです
地域の皆様には、既におなじみの
休日診療、各種健診(学校、職場健診)、歯を守る郡市民大会(健診、フッ素塗布)などのほか、
地域・職場での健口教室・ブラッシング指導、
介護保険・地域支援事業等の高齢者対応
母子、乳幼児、児童、学童への対応
産業歯科保健等の充実のほか、
新しい可能性として、
病院・施設(障害者施設、介護施設など)での口腔衛生に関する活動などを展開して行きます。

日本歯科医師会の生涯研修に連動して毎月行われている歯科講習会は、
診療時に歯に詰め物や、かぶせ物をつけるときに使用するセメントについて勉強しました。
歯科で使われる治療材料は、日進月歩で進化しているので、新しい材料に関する講習は、必須です。

記入:広報部


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0