夏休みに虫歯の実験をしませんか、その5

唾液の出る量を比べてみましょう

用意するもの
 板状のガム
 透明なコップ
 秒針の付いた時計
研究の下準備
 唾液の働きや、虫歯リスクとの関係を、ネットや、本で調べておきましょう
 各地域の歯科医師会や、歯科大学のHPには、虫歯や、口腔に関して詳しく載っていることが多いので、参考にしてみましょう
 日本歯科医師会のHPでは、虫歯について詳しく説明しています
研究方法
1)ガムを口に入れて30秒間噛みます
2)嚙んでいる間に出てくる唾液をコップに溜めます
3)お友達と唾液の出た量を比べて見ましょう
実験結果から考える事
 同じように嚙んでいても、人によって、唾液の出る量は違います。
 唾液がたくさん出る人のほうが、虫歯リスクは、小さくなります
応用してみましょう!!一人でもできるよ!!
・嚙む時間を30秒から40秒に増やして、唾液の出る量を調べてみましょう
 噛む時間が長いほど唾液はたくさん出てきませんか?
 よくかんで食べることが、なぜ虫歯予防につながるのかを考えてみましょう
・ガムに変えて、昆布やするめのような硬いものを噛んで、唾液の出る量を比べて見ましょう
 硬いものを良く嚙んで食べることがなぜ必要か考えてみましょう    記入協力:学術部    


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)