夏休みに虫歯の実験をしませんか?その2

お口の環境(PH)を調べてみましょう

用意するもの
 リトマス試験紙
 ご飯やパンのような澱粉質の食べ物
研究の下準備
 歯磨き粉を使わずに歯をよく磨いてうがいをしておきましょう
 虫歯と酸の関係について本やネットで調べておきましょう
 (長野県歯科医師会のHPには虫歯のことが詳しく書いてあります。)
研究方法
 1)口の中に唾液を溜めてリトマス試験紙でPHを調べましょう。
 2)食べ物を良く噛んで食べた後すぐに口の中のPHを調べます。
 3)30秒ごとに口の中のPHを調べて、変化を見ましょう。
研究結果から考える事 
食べてからどのくらいで口の中のPHが元に戻りましたか?
 PHが高く成ったり、低くなったり、することと、虫歯に成ることの関係を考えてみましょう。 
応用してみよう!!
 一度食べ物をたべてから、PHが戻ったらすぐに同じものを食べてPHの変化を30秒ごとに調べましょう。
 同じ時間でPHは元にもどりましたか?
 何度も実験を繰り返すことは、おやつをだらだら食べている時と同じ状況です。
 「おやつは時間を決めて採るようにしましょう」といわれる意味を考えてみましょう。  記入協力:学術部

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス